その自動車屋さん以外には車検を頼むことはないので、19年以降車検を受けていないことが確定。 ということは平成21年から車検切れしていたのでした。

 

まさか、夫婦揃って全く気付かないとは・・・。 ということで、そこからの対処法。
スポンサーリンク
車検が切れた車には絶対乗らない

 

当たり前ですが、乗らない。

 

公道を走らず、車検切れの車を所持しているだけならOKです。 公道を走るった時の罰則

 

・道路運送車両法違反って立派な法律違反で減点6点。

 

・30日間の免許停止処分と、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金。

 

車検が切れている場合、だいたいこれも切れている

 

●「自賠責保険切れ」の罰則。

 

忘れがちですが、車検が切れている場合には自賠責保険も切れていることがほとんど。

 

自賠責保険は強制加入の保険ですから、無保険状態での走行としてここからの罰則も。

 

・自動車損害賠償保障法違反で、ここでも減点6点。

 

・そして、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金。

 

ってことは車検切れと自賠責保険切れの罰則で、 90日間の免許停止処分と、1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金です。

 

引用元:もし車検切れで走行すると? うちも普通に自賠責まで切れてましたからね・・・。恐ろしいことです。
自動車税を3年分払うか、廃車→再登録か

 

車検が切れているので一刻も早く車検を受けなければなりません。

 

そのために必要なのが自動車税を払った領収書です。 もちろんこれも近年、全く払った記憶がありません。