企業による一方的な売り込みや自慢をサイト上にいくら詰め込もうと、それはネットの片隅にうち捨てられた独り言のようなもので、検索されず、共有されず、リンクされない。一方、人の役に立ったり楽しませたりするコンテンツは、検索され、共有され、リンクされる。買取業者が多く高価買取が可能です。

 

従来にましてコンテンツに注目が集まる昨今だ。その男もまた、数ヶ月前からコンテンツ作りに取り組んできた。キーワードを選定し、それに沿ってコンテンツを作っていくという作業。効果は確かにあり、続ければ続けるほどサイトへの流入は着実に増えているが、しかしその伸びはわずかだった。

 

作業には膨大な手間と時間がかかり、投資に見合った利益が得られているとは思えなった。流入の増加はわずかだし、CVの伸びはさらにわずかしかない。注ぎ込んだ手間と時間に見合うものとは思えなかった。俺は意味のあることをしてるんだろうか? 男は悩み、友人に相談することにした。

 

友人は建築物の清掃を請け負う会社を経営する二代目だ。主業務はマンションや商業ビルの建築現場における建築クリーニングで、養生や現場清掃、引き渡し清掃などを提供している。そのほかに一般家庭向けのハウスクリーニング事業も提供しており、これはネットからの受注だけでまかなっている。

 

ネットからの受注で回しているというハウスクリーニング事業では、コンテンツを活用してトラフィックを伸ばし、受注を拡大していると聞いていた。この友人には今までもたびたび相談に乗ってもらってきた。そのたびに確かなアドバイスをくれる頼れる男だ。「まあ聞いてくれ。コンテンツを作り始めてからまだ数ヶ月というところで、そう結果を急ぐものでもないかもしれ